京都一乗寺 猫町便り

季節ごとの情報やちょこっと案内をお便りします。

一乗寺のすみっこに小さな店を構えて13年が過ぎようとしています。
季節の食材を使って丁寧に調理される優しい洋食、ちょっと大人好みのデザート・・・
店主が心を込めてすべてのメニューを手作りしています。
胃袋にも心にも美味しい時間をゆったり過ごしにいらしてください。

IMG_1753_2 「猫町」に、猫はいません。
  店内で猫とたんまり触れ合える猫カフェと勘違いとまでいかなくても、「猫町」というからには看板猫くらいいるかも・・・とご来店のお客さんはたまにいはります。
 けど店の中には、本やモチーフ化された猫だけ。
 
 本物の猫は、我が家にいます。
 毎日毎日、家の中で好き勝手に過ごして、猫のくせにちっとも「猫町」に貢献してませんが、一緒にいるだけで私たち家族を笑顔にしてくれる。
 そう思うと、テリトリーである家の中で、いい仕事してくれてます。

 「猫町」に猫はいませんが、日常のバタバタを束の間忘れて、お客さん自身が猫のようにのーんびり過ごしていただけたらなあ、と思ってます。

    

IMG_1760 13年前、オープン準備に追われる中、なかなか決まらなかった肝心のナマエ。

ある日、ダンナがなんとなく買ってきた一冊の本のタイトルがそのまま看板に刻まれることに・・

はじめはこの、ひとをくったようなナマエが気恥ずかしかったりしたけれど、時には無類の猫好きが、猫カフェと勘違いして遠路はるばるやってきたりしたけれど、不思議感漂う本のストーリーと、ちょっと日常の雑事を遠ざける店の空気感がピッタリやん、といつの頃からかこれ以外考えられないナマエになりました。

色んな装丁で世に出ている「猫町」ですが、これはパロル舎のもの。思い出の一冊。

レジの上が指定席です。

このページのトップヘ